プラセンタ 選び方

プラセンタサプリの選び方・見分け方

プラセンタの選び方

「プラセンタ」とは胎盤のこと。哺乳類は妊娠すると子宮の中で胎児を守り、育てますが、その際に作られるのが胎盤です。
医療用にも用いられているプラセンタは、様々な美容作用や薬理作用が認められています。
一般に購入できるのは豚由来・馬由来・羊由来のプラセンタで、ドリンクや錠剤などのサプリメントの形で売られていますが、100円程度〜500円程度など、価格に幅があります。
これは、配合量などにもよりますが、なかにはプラセンタを薄めて、量を多く見せているものなども存在するため、信用のあるメーカーから購入することが大切です。
また、原料の素材も、安心であるものを選びたいもの。「サラブレッド馬」や「SPF豚」、「トレーサビリティーのしっかりしたところで育てられたもの」を選ぶといいでしょう。
プラセンタの配合量は、「原液換算で○○○ml」「原末○○○mg」など様々です。
これは、

原液
プラセンタ有効成+水分
原末
原液の水分と不純物を取り除いたもの

となりますので、これだけでは、配合量は判断できません。
また、内容成分に「デキストリン」や「グリシン」が入っている場合は、薄めているということになります。
さらに、プラセンタのアミノ酸濃度なども関係してくるため、一概に「○○mg入っているからこっちがいい」という選び方はしないほうがいいでしょう。
どのプラセンタがいいのか、自分に合うのか、まずはお試しサイズからチャレンジしてみるのがおすすめです。
※ちなみに管理人は馬由来プラセンタの「キレイデプラセンタ」が、パートナーはピップの「プラセンタナチュレ」が合うように感じました。(個人的効果の感想です。)