羊 プラセンタ

羊プラセンタは希少 サプリメントも少ないのが現状

羊由来のプラセンタは、豚由来や馬由来に比べ、まだまだ希少です。
サプリメントとして発売されてはいるものの、まだまだ数は少なく、豚由来や馬由来に比べて、価格も高めです。
羊由来プラセンタの原産国は主にニュージーランドですが、BSE(狂牛病)は発生しておらず、その点で安心感が高いのがポイントです。
(牛由来のプラセンタは現在使われていません。)
また人体に対して適応性が高く、免疫反応が生じる可能性は原則的にありません。
羊プラセンタサプリメントを選ぶ際のポイントは、原料の産出地がしっかりしており安心であるものを選ぶということです。
現在、サプリメントとして使用できる羊プラセンタは、日本では「MFV」が最もメジャーです。
MFV羊プラセンタカプセルは、プラセンタ先進国であるスイスの細胞療法「セルセラピー」を用い、羊の胎盤をまだ生きた状態で抽出しているため、多少高価ではありますが、試してみる価値のあるサプリメントです。