糖質制限ダイエットのやり方 | アラフォー世代のダイエットにもおすすめ

「食べながら痩せる」糖質制限ダイエット

今まで「ダイエット」と言えば「我慢」「根性」「ストレス」というネガティブな印象を持っていた人にこそおすすめなのが糖質制限ダイエットです。
ダイエットは食生活の改善が欠かせませんが、食べる量を減らした結果ストレスが溜まってドカ食いしてしまいリバウンドしてしまったり、続かなくて3日坊主でやめてしまうといった経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

 

糖質制限ダイエットはその名の通り「糖質」の摂取量を「制限」するダイエット方法です。
つまり、糖質以外は通常どおり食べてOK、お肉や魚ももちろん食べていいというダイエットです。
むしろタンパク源であるお肉や魚は体を作る主原料。減らす過ぎるのはNGです。

 

糖質(炭水化物)は体内でブドウ糖に分解され血中に流れ込みます。そのため食事のあとには血糖値があがりますが、血糖値が高すぎれば血管に傷がつくため、血液中の糖をしまい込むために膵臓からインスリンが分泌されます。
インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンですが、糖を中性脂肪として脂肪細胞内にしまい込む働きも担っていますから、インスリンが出続けることは、すなわち脂肪を作り続けることになります。

 

血糖値を上げないように食事をするのが糖質制限ダイエットの方法です。
糖質(炭水化物)は脳の栄養素なので完全に断つのはいけませんが、体内でも作られる栄養素ですから、摂取量を減らし、脂肪をため込まないようにするのが糖質制限ダイエットの基本です。